ネパールに学校を作るライくんのこと。

管理人のゆうまです。

今日はスガオくんたちがチットちゃんやイエティと暮らしたネパール(アニメでは訳あってアスニクル共和国ですが)に、学校をつくるプロジェクトを推進しているNPO法人「YouMe Nepal」代表のシャラド・ライさんの紹介をしたいと思います。

森下先生が青少年アシベの執筆にあたり、ネパールの若者の生活について取材したいということで、たまたま紹介してもらったのがライさんでした。

ライくん4コマ

ネパールではほとんどの人が環境の為に満足な教育を受けることができないことで、国内の仕事に就くことができず、働き盛りの若者が国外に出稼ぎに出ているという現実があるそうです。ライさんは10歳の時に全国から1学年33人しか入学できない国立学校に合格したことで、国費で高い水準の教育をうけることができ、その後日本に留学し、現在はソフトバンクで活躍しつつ、「YouMe Nepal」代表として精力的に活動しています。

ライさんは教育によって自身の運命が変わったことで、ネパールの子供たちがよりよい教育を受けられるように、大学在学中に30万円を集めて学校を作りました。現在は支援者も増え、2校目の学校も開校し、現在は2019年に病院を作る為に頑張っています。

今日は「YouMe Nepal」代表のシャラド・ライさんのご紹介でした!

興味を持った方はこちらのリンクも見てみてくださいね。

詳しい活動内容についてはこちら

YouMe Nepal ホームページ

http://youmenepal.org/

YouMe Nepal facebookページ

ほぼ日刊イトイ新聞でも詳しく紹介されています。

ライくんとジョシくんの「夢の学校」(全5回)

http://www.1101.com/ikirubasho/youme/

僕たちが故郷に学校をつくったわけ

https://www.1101.com/ikirubasho/talk/youme/index.html

活動支援はこちらから

https://join.youmenepal.org/get-involved

シャラド・ライ プロフィール

ライくん

11年APU卒業、14年東京大学大学院卒業。

11年ネパールで日本型教育を教える学校

”YouMe(夢)School"を設立。 15年には2校目をクラウドファンディングなどで出資を募り開校。8名の生徒から始まった学校は現在360人に。現在は東京とネパールを行き来しながらパラレルワークを実施。

最新記事
アーカイブ
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

© 2017 森下裕美・OOP All rights reserved.